【安心の墓じまい】優良専門業者を徹底比較

墓じまいのサポート企業を選びましょう

墓じまいの際には、専門業者のサポートが要ります。体力的にご先祖様のお墓参りがきつくなってきた場合や、子供たちが都会や他の地方で生活をしていて、お墓をそのままにしておけないご家庭が増えています。子供に負担をかけたくないためにも、お墓を閉じることを考える方が増えているということです。

また、お墓はスペースを割いている分、放置していても費用は発生します。いずれは閉じなくれはいけないことですから、その為の段取や費用に関して、日頃から知識を持っておくことは必要なことかもしれません。その際の専門業者は複数ありますので、評判などを知り、比較をしながら選ぶとよいでしょう。

評価の高いところ業者ばかり紹介していますので、当サイトにおいてはどこの業者も安心してお任せする事ができます。あなたのご希望に合った業者を探せるよう業者間の比較情報を掲載しております。ぜひご閲覧ください。業者ごとのメリットや、特徴などご家族の形態・予算によりお好みの墓じまい業者を選びましょう。

美匠

総合評価
★★★★★
サービス内容
★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

都会に出てきて随分になりますが、実家のお墓をみる人が居なくなり、墓じまいを考えることになりました。周囲に相談するも、経験した方が居ないので困惑していました。そんな時に、色々と相談に応じてくれる美匠の評判を知りました。

インターネットで知ったのですが、墓石や敷石の再利用にも力を注いでいるようです。墓じまいをするのも勇気を要しますが、やはり気になるのは墓石や敷石の行方です。罰当たりのような気がして戸惑いがありましたが、美匠のような明確な方向性があれば安心です。

アフターフォローもしっかりとしていて、スタッフの対応も素晴らしいの一言でした。特殊な作業なので不安もありましたが、口コミの評価は嘘を付きません。先祖のお墓を大切に供養することが出来て、ほっと胸を撫で下ろしています。

ヤシロ

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★★
公式サイトはコチラ

東京に出てきて30年になりますが、四国にある実家は空き家になっています。それは仕方がないことですが、最も気になっていたのが先祖のお墓でした。お盆と正月には何とか墓参りが出来ているのですが、心身への負担は大きく墓じまいを考えるようになりました。

そこでインターネット検索をしたところ、ヤシロの存在を知りました。口コミ評価も上々で、早速墓じまいをすることになりました。永代供養の相談にも応じてくれますし、スタッフの対応も迅速で素晴らしいものでした。

お墓の問題に関しては、これから多くの方が直面する課題ではないでしょうか。お寺さんとの相談も大切ですし、各社の評判を比べて決定するのがお勧めではないでしょうか。ヤシロを選んで本当に良かったと納得しています。

格安葬

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
掲載情報量
★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★
公式サイトはコチラ

一人っ子や跡継ぎがいない、墓を今後管理する一族がいない、都会で生活していて墓のある郷里に戻るつもりはない、納骨堂の普及で、利便性の大きい都会の納骨堂に移したいなどの理由で墓じまいをする人が増えています。

さまざまな理由で現在所有している墓を処分することを墓じまいといいます。寺院による「魂抜き」、行政への手続き、お墓の解体、解体したお墓の供養等することがたくさんあります。人生において、そう何度もあることではないので、戸惑うことも多数あります。特に、寺院への離檀料や魂抜きの料金や石材店から高額な請求を受けるなどのトラブルが発生しています。

格安葬では、納得のいかない高額請求のトラブルを回避するために一社だけでなく、数社から見積もりをとることを進めています。また、経済的に墓じまいをするために事前相談も受け付けています。全国の石材店と提携しているので、さまざまな問題に対応可能です。親身な対応から評判が広がり、口コミでお客様が増えています。

まごころ価格ドットコム

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★
公式サイトはコチラ

近年耳にする機会が増えてきた「墓じまい」という言葉。ニーズの増加に伴い、マスメディアでも特集として取り上げられる機会が増え、注目されつつあります。興味はあるものの、どのように調べて検討したら良いのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。そんな方にご覧いただきたい、お勧めのサイトがあります。

墓じまいのサービスを提供している、株式会社まごころ価格ドットコムが運営するサイト「まごころ価格ドットコム」では、全国一律の料金設定や、行政手続きの代行・供養先の紹介まで含んだセットプラン等も分かり易く、忙しい方でも安心・納得して依頼することができます。漠然とした不安も解決できます。

「墓じまいは新たな供養の始まり」と謳うこのサイトでは、実際にサービスを利用した方の口コミや評判もサイト内で確認でき、利用者目線での具体的な情報も得られる為安心です。興味のある方は是非一度、サイトをご覧ください。

墓地ナビ

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★★
掲載情報量
★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★
公式サイトはコチラ

墓地ナビには、お墓の後継者がいない時や撤去して新たな場所に骨壺を引っ越されたりする時などの方にお役立てしていただけることが、記載されてます。お墓の撤去にかかる費用の相場も記載されてるので、他社にも依頼してみる時に、比較してもらいたいです。

墓じまいをされる時は、魂が眠ってる所なので、きちんとお寺さんにお経など上げてもらって手続きをされることが必要です。墓地ナビでは、墓じまいの様子が動画で見れますので、興味がある方はご覧になってみてもらいたいです。

依頼の仕方が記載されてるので、墓じまいしようと計画されてる方は、お見積もりを出してもらうことです。口コミ情報の所に記載されてるお客様の声もお礼の声が沢山来てるので、評判はいいですね。利用して満足されてる方が多くいらっしゃるので、このサイトを活用してもらいたいです。

花水木

総合評価
★★★
サービス内容
★★★★★
掲載情報量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★
公式サイトはコチラ

現在存在するお墓を閉鎖することを墓じまいと呼びます。核家族化が進み、地元を離れて都会や海外で生活する人にとって先祖代々のお墓を管理することが難しくなってきています。これらの先祖代々のお墓をきちんと処分する方法がございます。

それは粉骨などを経て墓をしまうという選択です。お墓に埋葬されているお骨を粉骨して樹木葬を執り行ったり、自宅に保管したり、あるいは散骨することです。粉骨を行うことでお骨の処理やお墓の処理の可能性や選択肢がとても多くなります。

この粉骨による墓じまいを執り行っている花水木はお墓に関するありとあらゆる対応の相談に乗ってくれます。北九州で納骨やお墓の管理の対応でとても評判がよく、福岡県下だけでなく県外からも口コミを聞きつけて相談に来ています。納骨や墓じまいのお悩みを花水木は解決してくれます。

墓じまいが行なわれるようになっています

古くから引き継がれて来たお墓を撤去する人が、増えて来ています。
先祖の遺骨を永代供養が可能な合葬墓に移すといった墓じまいをせざるを得ない人が多くなったことが、原因と言われます。 日本が抱える問題の一つである少子化の影響もその一因となり、墓守りをする跡継ぎがいないと言った事情から起きています。 この墓じまいは、勝手に出来ません。
墓地埋葬法と言うものがあり、決められた手続きを行なう必要があります。
お墓を管理している所から、埋蔵証明書をもらう必要があります。 そして今度は、新しく先祖の墓となる先の合葬墓のある霊園等から受入証明書をもらう必要があります。
またこの時、自治体への証明書の提出が必要となっています。 ですから、自分勝手に墓から遺骨を取り出したり、その遺骨を散骨するなどのことは、出来ないことになっています。


墓じまいをしないと無縁墓になる恐れ

日本では、現在は人が亡くなれば火葬を行います。遺族がいる場合は、火葬の遺骨は遺族に渡されます。そしてお墓の中に埋葬されるのが一般的です。ではそのお墓を誰が守っていくかです。
お寺などであれば、一定の管理料を支払って守ってもらえる場合があります。しかし、通常の墓地などでは遺族が守っていかないといけない場合があります。
その後継承者が途絶えると困ったことになります。そこで墓じまいをする場合があります。将来的に管理などができなくなる恐れがあるとき、その前に行います。祭祀継承者が行うことにより、無縁墓になるのを防ぐことができます。無縁墓になってしまうと、その後遺骨などはその他の遺骨とごちゃごちゃに混ぜられます。そして、合祀墓で祀られることになります。
それを防ぐためにも、早めに行う方が良い場合があります。


墓じまいをした後に永代供養してもらう

人が亡くなったとき、新たにお墓を建てることもあれば、それまであったお墓に入ることもあります。
新しいお墓であれば、いろいろな判断をすることができます。その場で永代供養を選ぶこともできるでしょう。一方、すでに先祖からのお墓がある場合は、基本的にはその墓に入ることになります。
ただ、将来的なことを考えた時、管理が難しい場合もあります。既にお墓がある場合、墓じまいをして永代供養する方法があります。まずは、今入っているお墓の土地の管理者等に、利用を終了することを伝えます。そしてその後にお墓の中から出るための手続きを行います。
この時には、次に入るお寺などを決めておかないといけません。永代供養であれば、特に管理費などを必要とすることなく、将来的に管理をしてもらえます。放置されたりすることはありません。合祀や合葬になります。

カテゴリー